団体信用生命保険とは別に特典や追加オプションで加入できる人気の保険商品をご紹介します。

住宅ローンの保険は入っていたほうがよい?

団信付きの住宅ローンを組む

 

住宅ローンでは死亡した時に借入残高がゼロになる生命保険がセットになります。
基本的に利息のなかに保険料が含まれています。フラット35など固定金利は従来金利とは別に年に1回のペースで保険料を払うルールでしたが、平成29年10月1日に団信付き住宅ローンになりました。

 

店頭表示している金利は基本的に最低金利になり最低限の団体信用生命保険がセットになっています。
そこからオプションで疾病保障など補償を手厚くするプランを選べる仕組みです。

 

基本的な団体信用生命保険は保険金支払い額が住宅ローン残高とセットになって、保険金支払い条件は原則死亡時のみという点で共通しています。
プラスアルファの補償をつけるオプションは金融機関によって内容や上乗せされる金利が異なります

 

オプションは必要?

オプションを選ぶ男性

住宅ローンの保険オプションは主に生きていても特定の病気に診断された場合に月々の支払いや借入残高が免除になる特典が付いてきます。
夫の1馬力で妻は専業主婦の場合、夫が働けなくなって妻がフルタイムで働いたとしても月々の支払いが難しい場合などはオプションに加入するメリットは大きいです。

 

大きな病気にかかると医療費も高いです。住宅ローンの保険は月々の支払い負担をなくすもので治療費はカバーできません。

 

そのほかに加入している生命保険や医療保険の内容も含めて検討しましょう。
金融機関によっては追加費用なしで補償を手厚くしたり、オプションで働けるけど借入残高を全額補償するなど安心できるプランを用意しています。

人気の住宅ローンの保険

通常の団信とは別に特典や追加オプションで加入できる保険の中で人気の高い商品をまとめました。

 

住信SBIネット銀行

保険の名称:全疾病保障
保険料:0円
どんな病気・ケガでも保障する全疾病保障で、働けなくなったら月々の返済額を保障。働けないまま12ヵ月経過したら住宅ローンの残高が0円になります。

 

りそな銀行

保険の名称:団信革命
保険料:基準金利に0.3%上乗せ
病気怪我による16の状態や要介護状態などを含めた7大リスクに認定されると働ける状態であっても借入残高0円になる

 

ソニー銀行

保険の名称:がん50%保障特約付団信
手数料:0円
診断確定時に住宅ローン残高の50%を保障

 

自分銀行

保険の名称:11疾病保障団信(生活習慣病団信)
手数料:基準金利に0.3%上乗せ
10種類の生活習慣病を含めた11疾病で継続して180日以上入院したら借入残高0円など

 

楽天銀行のフラット35では団信なしを選べる

2018年8月現在、団信を一切付けない住宅ローンは非常に少ないです。
楽天銀行のフラット35では団信の有無を選択できて、団信なしを選ぶと金利が0.2%安くなります

 

団信がないと万一のリスクが高いので軽い考えでの利用はオススメできませんが、変動と違いペアローンという概念のないフラット35では利用価値の高い商品です。
当サイトに寄せられた口コミをご覧ください。

 

楽天銀行フラット35、団信なしを選んだ体験談

夫婦共働きで夫は自営業、妻は医療従事者の正社員。
夫名義では審査に通らないので妻名義で夫は連帯債務者の扱いになります。
この場合、通常の団信では妻の補償しか受けられません。連帯債務者もセットにする団信だと手数料が非常に高いですし、そもそも妻は将来子育てで働き続けるか分からないので、そこまで団信が重要ではない考えを持っていました。

 

そこで団信なしにする変わりに夫の名義で死亡補償1,000万円の終身生命保険に加入します。
1,000万円では借入残高を補償されませんが、夫が死んだ場合は妻は実家に戻って家は1,000万円補填すれば、残りは売って精算できるという考えです。
妻が死んだ場合は夫が家に住み続けて返済を続ける予定です。
終身生命保険は月々2万円で団信手数料よりも高いですが、60歳まで生きていたら総払込額の100%以上が返ってくるので貯金だと思って払っています。
将来の資産形成を考えても、掛け捨ての団信で金利が高くなるよりも、住宅ローンの返済を抑えてその分を終身生命保険に回した方が賢いと思いました。
自営業者など妻名義で住宅ローン名義を組む人にオススメです。