住宅ローンが確実に支払えるように余裕を持った生活をするのが理想的です。

住宅ローンに関わる注意点

 

住宅ローンを借りる上で注意しておきたい点はいくつもあります。
大抵の人は住宅ローンの金利にしか注目をしていないため非常に危険です。

 

ここでは住宅ローンに関わる注意点を記載したいと思います。

 

黒板にチェックマーク

 

まず最初に注意したいのが、住宅ローンは無期限に組める訳では無い点です。
良く聞く35年ローンですが、これも一定の年齢を超えると対象外になりやすくなるのです。
一般的に住宅ローンは定年までに完済するのが望ましいとされています。
定年退職した後に住宅ローンを払い続けるのは大きな負担となるからです。

 

現代の定年は65歳に引き上げられていますが、それでも35年ローンを組むには30歳までにマイホーム購入が必須です。
いつでも35年ローン、あるいはそれ以上のローンが組めると考えるのは間違いなのです。
50歳の人が住宅ローンを組もうと思ったら、15年ローンが現実的な数値となります。

 

他にも、10年や20年後はマイホームの修繕費が発生します。
いつまでも新品であり続ける訳では無いので、壁や室内のリフォーム等が必要になるでしょう。
そうした費用も見積もって貯蓄しておかなければいけないのです。

 

将来設計をしっかりとする

 

住宅ローンの返済は長期的に行うものです。
そこで注意したいのが将来設計についてです。

 

子供が居るなら教育費用や大学費用までを考えておかないといけません。
今は問題無く支払えても、将来で資金が破綻してしまう恐れは十分にあるのです。
病気による手術などで大金を失うリスクもあります。
住宅ローンを完済するには将来設計をしっかりと立てておくのが良いでしょう。

 

絶対に疎かにしてはいけない注意点なので、決して忘れることが無いようにメモしてください。
子供が1人増えるだけで金銭的な負担は大きく変わります。
住宅ローンが確実に支払えるように余裕を持った生活をするのが理想的です。

 

時には保険を検討したり、住宅ローンの借り換えを考えたりするのも有効です。
日頃から節約をするのもおすすめなので、無理のないライフプランを構築してみてください。